公式ツイッターをフォロー

ホクレン オリジナルアニメーション

from North Field episode2 『リョータとポー』

「つくる人を幸せに、食べる人を笑顔に」
ホクレンが創立100周年を機に掲げた
新しいコーポレートメッセージです。
このメッセージに込めた想いを伝えるため、
北海道を舞台にしたアニメーション
をつくりました。
日本を代表するアニメーションスタジオが描く
牛乳が苦手な男の子と
牛のぬいぐるみの秘密の大冒険、
どうぞご覧ください。

本編

episode1 本編はこちら

CORPORATE MESSAGE

つくる人を幸せに
食べる人を笑顔に

ホクレンは、北海道でつくる人を幸せにしたい。

先人たちが開拓の地で連綿と培ってきた意志を継ぎ、

この地で農業を営む人たちのものづくりに込める想いを受け止め、

ここから産まれるものたちをもっと輝ける場所へと届けていく。

ホクレンは、食べる人を笑顔にしたい。

豊かな自然の恵み、愛情の詰まった北の大地で産まれたものたちに

つくった人々の想いをつむぎ、日本各地、世界各地の

どこかの誰かの食卓や暮らしをもっと豊かにしていく。

北海道の農と共に生き、北海道から食を支えていく。

これまでの100年も、これからの100年も。

そんな想いを胸に北海道と一緒に歩んでいく。

私たちは、ホクレンです。

続きを見る

ホクレンについてもっと知る

STORY episode_2

牛柄のパジャマや牛のぬいぐるみが大好き、だけど牛乳が苦手な男の子、亮太。朝ごはんの牛乳をこっそり残したその日の夜、亮太は牛のぬいぐるみ、ポーに連れられて不思議な旅に出る。着いた先は、亮太の家から遠く離れた北海道の牛舎。初めて見る乳牛たちに戸惑いながらも、ポーの先導で牛乳にまつわる旅を続ける亮太。そこで出会うのは、牛乳に関わるたくさんの人たち。子どもの目線を通して、牛乳が当たり前にあることのありがたさを伝えていく親子で楽しめるハートウォーミングストーリーです。

CHARACTER

  • 山下亮太

    山下 亮太 やましたりょうた

    東京生まれ東京育ち。好奇心旺盛で寝る前にはいつも動植物図鑑を見ている男の子。相棒はお父さんが買ってくれた牛のぬいぐるみ“ ポー” 。“ ポー” のことが大好きなので牛柄のパジャマなど自分の部屋には牛柄のものがたくさん。だけど、牛乳は苦手な5歳児。

    山下亮太
  • ポー

    ポー

    亮太のお父さんが北海道の出張で買ってきてくれた牛のぬいぐるみ。毎晩、図鑑を手にいろんなことを教えてくれる亮太のことが大好き。でも、牛乳については知ろうとしてくれないことに、牛としては少し寂しい思いをしている。

    ポー
  • 山下 茜

    ママ 山下 茜 やましたあかね

    デザイン会社で人気のwebデザイナーとして活躍していたが、ワークライフバランスを考えフリーランスとして独立。亮太にはスクスク育って欲しいと願っているが、牛乳が苦手なことをちょっと心配している。

    山下 茜
  • 山下 浩平

    パパ 山下 浩平 やましたこうへい

    妻の茜は大学時代のサークルの後輩。IT企業でシステム開発のプロジェクトリーダーを任されていて、地域のクライアントも多く抱え、札幌など地方都市への出張もよくある。マイペースなのんびり屋で亮太の良き理解者。

    山下 浩平

STAFF

監督

堀川 優子 ほりかわ ゆうこ

2008年3月PAワークスに入社。制作進行・3D制作を経て、2013年テレコム・アニメーションフィルム入社。小池健監督作品『LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標』『LUPIN THE IIIRD血煙の石川五エ門』では制作担当、『ルパン三世PART4』では設定制作及びエンディング演出を担当し、『ルパン三世PART5』ではアニメーションプロデューサーを務めた。2018年12月に同社を退職後は、フリーランスの演出家として活動している。本作品第一弾で初監督を務め、テレコムで手腕を期待されている。

企画・脚本

田中 淳一 たなか じゅんいち

クリエイティブディレクター、コピー&シナリオライター、東北芸術工科大学客員教授。Creativity for Local, Social, Globalを掲げ、現在30都道府県以上で自治体のシティープロモーション、観光や移住定住PR、企業ブランディング、商品開発、まちづくりなど様々なプロジェクトを手がける。他にもグッドデザイン賞受賞展2015〜17総合クリエイティブディレクター、アニメやドラマをはじめとする長編コンテンツの脚本などにも活動領域を広げ、手がけた短編作品がトロント国際映画祭に公式招聘されるなど国内外で50以上の受賞歴がある。

キャラクター原案

結城 信輝 ゆうき のぶてる

1962年12月24日、東京都高円寺生まれ。アニメーター、キャラクターデザイナー、イラストレーター、漫画家。アートランドを始めとしてDAST、サンライズ、マッドハウス、サテライト、ジーベック、テレコムなどを中心にアニメーター・キャラクターデザイナーとして活動。その傍らスクウェア等でゲーム関係のイラストなども多く手がけ、同時に角川書店刊ドラゴンマガジンにて自作の漫画を連載。代表作には、TVアニメ『天空のエスカフローネ』、『ヒートガイj』、『パラダイスキス』、『地球へ..』、『坂道のアポロン』、『orange』、OVA『ロードス島戦記』、『銃夢』、映画『ファイブスター物語』、『X』、『CLOVER』、『エスカフローネ』、ゲーム『聖剣伝説3』、『クロノクロス』、『ドラゴンフォース2』、『カイザーナックル』、『ソラトロボ』漫画作品『ヴェルバーサーガ』等々。最新作は『宇宙戦艦ヤマト2199~2202』。

制作

ROBOT

1986年にTV-CMとグラフィックデザインの制作プロダクションとしてスタート。広告からエンタテインメントへとフィールドを広げ、劇場映画、アニメーション、デジタルコンテンツ、キャラクター開発なども手掛けている。2016年、空間移動型VRシステムの開発を行うべく㈱ABALに資本参加すると共に、VR事業にも参入。また、グループ会社IMAGICAと8Kコンテンツ制作に着手するなど、映像エンタテインメントのアドバンス領域にも取り組んでいる。主な作品に、映画『踊る大捜査線』、映画『海猿』、映画『ALWAYS 三丁目の夕日』、映画『STAND BY ME ドラえもん』などがある。

制作

テレコム・
アニメーションフィルム

海外に通用するアニメーターを養成する目的で1975年に東京ムービー(現・トムス・エンタテインメント)の子会社として創設。 スタジオジブリに移籍する前に宮崎駿や高畑勲が在籍していたアニメーション会社であり、1979年には宮崎駿監督の作品『ルパン三世 カリオストロの城』、『名探偵ホームズ』、高畑勲監督作品『じゃりン子チエ』などの代表作を残す。2012年に現体制となり、映画『LUPIN THE IIIRD』シリーズ、2015年には30年ぶりとなる『ルパン三世』のTVシリーズを制作。その他にも最近では『orange』、『チェインクロニクル~ヘクセイタスの閃~』、『つくもがみ貸します』などの制作も請け負っている。

CAST

山下亮太 役

佐藤美由希 さとう みゆき

ケンユウオフィス所属。代表作として「ゲーム・オブ・スローンズ」ブランドンスターク役、「大草原の小さな家」キャリーインガルス役、「超能力ファミリーサンダーマン」クロエ役などがある。

ポー 役

越後屋コースケ えちごや コースケ

オフィスPAC所属。代表作として「ダイの大冒険」あくまのめだま役、「スター☆ トゥインクルプリキュア」ノットレイ役、「泣きたい私は猫をかぶる」安原弘幸役などがある。

山下茜 役

森なな子 もり ななこ

マウスプロモーション所属。代表作として「キラキラ☆プリキュアアラモード」剣城あきら/ キュアショコラ役、「日本沈没2020」三浦七海役、「メガロボクス」白都ゆき子役などがある。

山下浩平 役

中川慶一 なかがわ けいいち

アクセント所属。 代表作として「ポケットモンスターサン& ムーン」ククイ博士役、「カードファイトヴァンガード新右衛門編」明神リューズ役、「真・中華一番!」ショウアン役などがある。

私たちホクレンは北海道という大地から生まれるさまざまな農畜産物を皆さまの食卓へお届けすることで、「つくる人」「食べる人」双方のくらしをもっともっと豊かにしていきたい。北海道の農と共に生き、北海道から皆さまの食を支えたい。そんな思いの元、事業を行っています。

ミルクランド北海道

ミルクランド北海道は、平成18年(2006年)に、北海道酪農の盛り上げ、北海道産の牛乳乳製品の消費拡大を目的として始まった運動です。北海道から安全・安心な牛乳を毎日お届けするために知ってほしい、牛乳のこと。

CAMPAIGN

from North Field episode2『リョータとポー』の90万回再生突破を記念して、
Twitterで第2弾キャンペーンを実施中!