ホクレン オリジナルアニメーション

from North Field

「つくる人を幸せに、食べる人を笑顔に」
ホクレンが創立100周年を機に掲げた
新しいコーポレートメッセージです。
このメッセージに込めた想いを伝えるため、
北海道を舞台にしたアニメーション
をつくりました。

声の出演に板橋駿谷さんを迎え、
日本を代表するアニメーションスタジオが描く
北の大地で営まれる農風景と
そこで織りなされる人間模様、
どうぞご覧ください。

本編

予告編

CORPORATE MESSAGE

つくる人を幸せに
食べる人を笑顔に

ホクレンは、北海道でつくる人を幸せにしたい。

先人たちが開拓の地で連綿と培ってきた意志を継ぎ、

この地で農業を営む人たちのものづくりに込める想いを受け止め、

ここから産まれるものたちをもっと輝ける場所へと届けていく。

ホクレンは、食べる人を笑顔にしたい。

豊かな自然の恵み、愛情の詰まった北の大地で産まれたものたちに

つくった人々の想いをつむぎ、日本各地、世界各地の

どこかの誰かの食卓や暮らしをもっと豊かにしていく。

北海道の農と共に生き、北海道から食を支えていく。

これまでの100年も、これからの100年も。

そんな想いを胸に北海道と一緒に歩んでいく。

私たちは、ホクレンです。

ホクレンについてもっと知る

STORY episode_1

オホーツク海を望む町に赴任してきた若いホクレン職員、樹。札幌生まれで大学は東京に出て学んだ彼にとっては、同じ北海道とはいえ訪れたことのない未知の土地。そこで彼が担当するのは、てん菜農家。日本でも北海道でしか栽培されていないてん菜は、樹にとって季節を通して触れるのは初めての作物。この地で3代に渡りひたむきに畑作に向き合う岳志は、若くて経験も乏しい樹にどことなく素っ気ない様子。世話好きな岳志の妻、里子、飼い犬のシロと一緒に巡る季節の中、岳志たちに降りかかる一大事を目の前にした樹は?

CHARACTER

  • 保田 樹

    保田 樹 やすだ いつき 27歳 / 男性

    札幌で生まれ育ち、東京の大学の農学部に進学。卒業を機に北海道に戻りホクレンに就職。時に人に寄っていき過ぎることもあるが、人懐っこい性格。動物や植物が大好き。

    保田 樹
  • 斎藤 岳志

    斎藤 岳志 さいとう たけし 58歳 / 男性

    曽祖父が始めた畑作を引き継いだ3代目。一見すると強面で素直に相手に感謝や愛情表現を出すことが苦手だが実は情に厚い。一人娘は大学進学で家を離れている。

    斎藤 岳志
  • 斎藤 里子

    斎藤 里子 さいとう さとこ 58歳 / 女性

    岳志とは幼なじみでお互い初恋同士でそのまま結婚。気難しそうに見える岳志の一番の理解者。一人娘が出ていったこともあり、若い人を見るとつい世話を焼き過ぎる。

    斎藤 里子
  • シロ

    シロ SHIRO

    斎藤家の飼い犬で北海道犬の血を引く雑種。かなりの老犬。

    シロ

CAST

保田樹 役

板橋 駿谷 いたばし しゅんや

1984年7月1日生まれ
福島県出身

劇団「ロロ」に所属し、映画・テレビ・舞台・CMと幅広い分野で活躍。第26回読売演劇大賞スタッフ賞を舞台「オイディプスREXXX」作詞・ラップ指導で受賞。連続テレビ小説「なつぞら」では、ヒロイン・なつの高校の先輩・門倉努を熱演。“番長”の愛称で人気を博す。2020年1月に放送がスタートする、ドラマ「ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~」(ドラマ10・NHK総合)、「課長バカ一代」(BS12トゥエルビ)にレギュラー出演が決定している。

インタビューを見る

斎藤岳志 役

浦山 迅 うらやま じん

プロダクション・タンク所属。代表作として「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」デギン・ソド・ザビ役、「忍たま乱太郎」学園長役、「カーズ」ドック・ハドソン役などがある。

斎藤里子 役

堀越 真己 ほりこし まみ

青二プロダクション所属。代表作として「パディントン」イメルダ・スタウントン(ルーシーおばさん)役、「トイストーリー シリーズ」(ボニーのママ)役、「はなかっぱ」かすみばあちゃん、佐藤先生役などがある。

STAFF

監督

堀川 優子 ほりかわ ゆうこ

2008年3月P.Aワークスに入社。制作進行・3D制作を経て、2013年テレコム・アニメーションフィルム入社。小池健監督作品『LUPIN THE IIIRD次元大介の墓標』『LUPIN THE IIIRD血煙の石川五エ門』では制作担当、『ルパン三世PART4』では設定制作及びエンディング演出を担当し、『ルパン三世PART5』ではアニメーションプロデューサーを務めた。2018年12月に同社を退職後は、フリーランスの演出家として活動している。本作品が初監督であり、育ったテレコムで手腕を期待されている。

企画・脚本

田中 淳一 たなか じゅんいち

POPSクリエイティブディレクター、コピー&シナリオライター。東北芸術工科大学客員教授。大手広告代理店にてほぼ全業種の企業ブランディング、商品広告を担当した後、Creativity for Local, Social, Globalを掲げPOPS設立。30都道府県以上で自治体やローカル企業などのブランディングなどを手がける。ACC、消費者のためになった広告コンクール、Short Short Film Festival & Asia観光映像大賞、 SPIKES ASIA、NY festival、トロント国際映画祭公式上映など国内外の広告賞を50以上受賞。多くの国際、国内広告祭での審査員も務める。

キャラクター原案

結城 信輝 ゆうき のぶてる

1962年12月24日、東京都高円寺生まれ。アニメーター、キャラクターデザイナー、イラストレーター、漫画家。アートランドを始めとしDAST、サンライズ、マッドハウス、サテライト、ジーベック、テレコムなどを中心にアニメーター・キャラクターデザイナーとして活動。その傍らスクウェア等でゲーム関係のイラストなども多く手がけ、同時に角川書店刊ドラゴンマガジンにて自作の漫画を連載。代表作は、TVアニメ『天空のエスカフローネ』、『ヒートガイj』、『パラダイスキス』、『地球へ..』、『坂道のアポロン』、『orange』、OVA『ロードス島戦記』、『銃夢』、映画『ファイブスター物語』、『X』、『CLOVER』、『エスカフローネ』、ゲーム『聖剣伝説3』、『クロノクロス』、『ドラゴンフォース2』、『カイザーナックル』、『ソラトロボ』漫画作品『ヴェルバーサーガ』等々。最新作は『宇宙戦艦ヤマト2199~2202』。

制作

ROBOT

1986年にTV-CMとグラフィックデザインの制作プロダクションとしてスタート。広告からエンタテインメントへとフィールドを広げ、劇場映画、アニメーション、デジタルコンテンツ、キャラクター開発なども手掛けている。2016年、空間移動型VRシステムの開発を行うべく㈱ABALに資本参加すると共に、VR事業にも参入。また、グループ会社IMAGICAと8Kコンテンツ制作に着手するなど、映像エンタテインメントのアドバンス領域にも取り組んでいる。主な作品に、映画『踊る大捜査線』、映画『海猿』、映画『ALWAYS 三丁目の夕日』、映画『STAND BY ME ドラえもん』などがある。

制作

テレコム・
アニメーションフィルム

海外に通用するアニメーターを養成する目的で1975年に東京ムービー(現・トムス・エンタテインメント)の子会社として創設。 スタジオジブリに移籍する前に宮崎駿や高畑勲が在籍していたアニメーション会社であり、1979年には宮崎駿監督の作品『ルパン三世 カリオストロの城』、『名探偵ホームズ』、高畑勲監督作品『じゃりン子チエ』などの代表作を残す。2012年に現体制となり、映画『LUPIN THE IIIRD』シリーズ、2015年には30年ぶりとなる『ルパン三世』のTVシリーズを制作。その他にも最近では『orange』、『チェインクロニクル~ヘクセイタスの閃~』、『つくもがみ貸します』などの制作も請け負っている。

前述のコーポレートメッセージの通り、私たちホクレンは北海道という大地から生まれるさまざまな農畜産物を皆さまの食卓へお届けすることで、「つくる人」「食べる人」双方のくらしをもっともっと豊かにしていきたい。北海道の農と共に生き、北海道から皆さまの食を支えたい。そんな思いの元、事業を行っています。

ホクレンについて詳しく見る

ホクレンの事業

豊かな大地北海道から生まれるあらゆる農畜産物を毎日、安心・安全に皆さまへお届けするために、ホクレンは各農畜産物から配送・農業研究に至るまで、さまざまな事業を展開しています。

てん菜について

今回のアニメーションで取り上げた「てん菜」は、国内では北海道でしか作られていない「てん菜糖」の原料。まろやかな甘さや天然由来の褐色、豊かな栄養がその特徴です。この機会にぜひ北海道を代表する農産物「てん菜」について詳しく知ってみませんか。

てん菜について詳しく見る